印刷速度

接続ケーブル

日本でプリンターが誕生したのは1950年代とされています。
その後進化を続け、70年代にはレーザープリンターやインクジェットプリンターなどが誕生することになりました。
初期の印刷は非常に遅かったのですが、次第に速度を増し、オフィスプリンターとして導入されるようになったのは、80年代からとされています。
そのため、機種などを比較するのも80年代には言ってからとされており、現在のように様々なプリンターの中からどんなものを選んだら良いのかを判断するものとしては、それ以降のこととなります。

現在ではオフィスプリンターは大型複合機とされており、インターネットを通じて適切に活用するための大型複合機の比較となっていることがメインといえます。
印刷速度も開発された当初の1分間に何文字程度の速度ではなく、数秒でどれくらい印刷できたのか、1分間で何枚すれたのかなどを確認することで、決め手となるようになったのです。
これも開発者たちの長年の研究によって登場したことになるのです。
オフィスプリンターにおける比較サイトなども多数存在しているのですが、古いコピー機では非常にゆっくりと1分間に1枚程度の印刷でしたが、現在では1分間に何枚もすれて当然となっています。
それ以外にもオフィスプリンターは小型化を続けており、FAXやスキャナなどを含めて適切に比較をすることによって、企業として利用価値の高いオフィスプリンターの導入にこぎつけることが出来るのです。
様々な企業としての対応を検討することによって、購入するのか、あるいはレンタルで済ませて経費節減につながるのかなどを判断するきっかけともなります。
安心して企業で導入するための大きなポイントを把握しておくことこそ、オフィスプリンターを活用することにつながるのです。
印刷速度の速さが決め手になり、企業としての業務遂行速度にも大きな影響を与えるものなのか、それとも将来性の高い企業としての対応を考えるの蚊など選択肢は多数存在するのです。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930